くい地業について

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

基礎の接する地盤面だけでは必要な地耐力が得られない場合に、「くい地業」が行なわれます。
くいは材料によって木ぐい・コンクリートぐい・鋼ぐいに分類することができます。
コンクリートぐいは、さらに工場生産される既製鉄筋コンクリートぐいと場所打ちコンクリートぐいに大別されます。

また、荷重の伝達方式によって、硬質の地盤まで達して先端抵抗を利用する支持ぐいと、周面の土との摩擦力を利用した摩擦ぐいとに分けられます。
木ぐいには松材が主に用いられます。
腐食を避けるために、地下定水位面の下に打ち込まなくてはなりません。
よって、支持力はあまり大きくとれません。
既製コンクリートぐいは品質が安定しており、地下水位の深い場合にも腐食の心配がありません。
型枠を回転させ遠心力を利用して、密実なコンクリートの中空のくいが工場で製造されています。
くいの長さは15m以下であり、継いで用いる場合には座板を溶接します。
プレストレスを導入したPCパイルも用いられます。

鋼ぐいとしては、鋼管ぐい・H形鋼ぐいなどが用いられます。
長さが自由であり、溶接により長尺ぐいとすることも可能です。
鋼材の厚さには腐食による減少を見込んでおかなければなりません。
既製ぐいの打込みは騒音を発する欠点があり、その対策として、あらかじめアースオーガなどの掘削機で穴を作るプレボーリング工法、中空のくいをケーシングのように用いる中堀り工法、高圧で水を噴射させながらくいを圧入するジェット工法などが開発されています。

場所打ちコンクリートぐいは、地盤に穴をあけコンクリートを打ち込むもので、長さを自由にとることができます。
打込みぐいに比べて、できあがったくいの断面・品質を確認できないことが欠点ではありますが、掘削によるため打込みぐいに比べて騒音が少ないという長所があります。
施工にあたっては、地盤をゆるめるおそれがあるので注意が必要です。
各種の機会化工法が開発されており、掘削機を工夫しケーシングを用いて周壁のくずれを押さえたベノト工法、表層部分にだけケーシングを用いるアースドリル工法、穴に水を満たして掘削し、土砂を循環水とともに排出するリバースサーキュレーション工法などが行なわれています。

なお、長さに対する径の比率が大きい現場打ちコンクリートのくいをピアといいます。
掘削場所に人間が入って作業しコンクリートを打ち込むくいは、深礎工法と呼ばれます。支持地盤を確認できる長所がありますが、作業上の安全性には十分留意しなければなりません。
当社は、仙台のリフォーム工事におきまして、専門的な知識や情報、経験をお客様へ還元することがよりよい住まいと生活の場を提供できる最善の道だと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする