方位にあまりこだわらない

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

家相というのは、人相・手相がそれぞれ顔や手の形を観て吉凶を予見するのと同じく、家宅の形象を観相する術を言うはずですが、よく家相術は方鑑術と混同して考えられています。方鑑というのはいわゆる「方角を観る」の術です。観相者や方鑑術師は、お互いに縄張りの侵されることをおそれて、その正当性を述べていますが、個人的に方位・方角も家相術の中の重要な事象の一つだと思うようにしています。

うららかな春の日に、日当たりの良い縁側で日向ぼっこというのは楽しいものです。
日照権という言葉がありますが、こうした春の太陽を浴びていると、日照は人間が酸素を吸うのと同じだと思います。
それが権利として成立すると、一日4時間が原則で、それから一分でも欠けたらダメで、一分でも超えればそれでもう十分と決められていってしまうのはおかしなことだと思います。

温帯に住む我々日本人にとって、春の太陽の恩恵は計り知れません。
それは、はなから権利とか条例などというものとは、なにかそぐわないものである気がします。
それはさておき、方位方感はまず磁石を据えて、その「方位」を測定することに始まります。ではその磁石をどこに据えて測定するのかというと、定説はありません。
その定説のない方位測定方法によって、便所が鬼門に当たるとか、玄関が吉方にあるとかいって、一喜一憂するのはナンセンスと言わざるを得ません。

だいたい、磁北と真北は、稚内で約9度38分、函館では約8度、会津若松では約7度、熊野では約6度、宮崎では約5度15分も西へズレているのだから小さな便所や玄関など、すぐ測定の範囲からズレて、鬼門も鬼門でなくなってしまういます。逆に鬼門ではないと安心していても、正真正銘の鬼門になるかもしれません。

江戸時代、家相術の大家であった七尾周斎は、太陽の見える方角が「東」で、沈む方位が「西」であるとしました。さしずめ現代なら、東に高い建物があって、昼頃にならないと太陽の出てこない敷地は、その太陽の出てくる方位、多分かなり南に偏ったところになるでしょうが、そこを「東」と考えるわけなのです。

また、太陽の当たる暖かい方位だけではなく、完封が吹き抜けるような方位も四囲の環境によって違うはずです。逆にその方位は夏に涼しいこともあるでしょう。紫宸殿は南面しているが、清涼殿は東面している。
このように環境と方位の関係は、機械的に磁石だけで決められるものではありません。

また、便所なども、隣家の便所が、自家の南向きの縁側のすぐ前にあるというのでは、いくら自家の家相方鑑にこだわっていても、いただけない方角になるでしょう。
こうして考えてくると、要は、磁石が示す方位の違いに一喜一憂することではなく、まず、住まい方の工夫から始めるべきだということではないかと考えます。

お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする