割ぐり地業について

仙台のリフォーム実績が豊富な地域密着のリフォーム会社なら東北ホームテックへ

10〜20cm程度の割ぐり石を縦に並べて地盤面を突き固める工法を「割ぐり地業」といいます。
地表面の土は安定していないので、地盤を掘り下げた根切の底面に行なわれます。
割ぐり石の間には砂を混ぜた砂利が入れられ、その上に捨コンクリートが打たれます。
フーチングやべた基礎の下に用いられ、くい地業とも併用されます。
なお、非常に良好な地盤では、割ぐり地業をするとかえって地耐力を減少させてしまうこともあり、必ずしも割りぐり地業を用いる必要はありません。
当社は、仙台のリフォーム工事におきまして、専門的な知識や情報、経験を惜しげもなくお客様へ還元することがよりよい住まいと生活の場を提供できる最善の道だと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする