基礎の施工法

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください!

基礎を施工するためには、まず根切りが行われます。
根切りは土を掘削し排出する工事であり、各種の建設機械が用いられます。
大規模な建築物では、根切りの側面に山止めがなされます。

山止めの壁には、木矢板(もくやいた)・鋼矢板(シートパイル)・場所打ちコンクリートなどが用いられ、鋼製の腹起しと切張りなどの支保工で土圧を支えます。
根切り底には割ぐり地業が行われ、捨コンクリートが打たれます。
このコンクリートは荷重を受けるためのものではなく、基礎工事を行うための定規盤として使用されるものです。
この表面に墨出しが行われ、その上に配筋がなされます。
型枠を組む際の基盤の役割も果たしています。
当社は、仙台のリフォーム工事におきまして、専門的な知識や情報、経験をお客様へ還元し住まいと生活の場を提供することが当社の使命だと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする