基礎の機能と種類

仙台のリフォーム工事なら東北ホームテックへお任せください

基礎は上部構造の荷重を地業・地盤に伝えるものであり、不同沈下など起こさないよう、つりあいよく設けなくてはなりません。
鉄筋コンクリートで造られるのが一般的であり、つなぎばり(地中ばり)で相互に連結されます。

基礎の種類には、独立フーチング基礎・複合フーチング基礎・連続フーチング基礎(布基礎)・べた基礎などがあります。
フーチングとは、荷重を分散してなるべく広い面積の地盤面で受けることができるよう、柱や耐力壁の下部の基礎底部を広げたものです。
平屋の木造住宅では荷重が少ないので、下部の広がりのない布基礎が用いられることもあります。

独立フーチング基礎は、柱の下に設けられるもので、荷重と地耐力に応じて底面積が決定されます。
正方形若しくは長方形の底面とすることが多いです。
柱間隔が短い場合には、2本の柱の基礎を複合して形成する複合フーチング基礎が用いられ、柱の荷重が異なることによりフーチングの平面形状が台形となることが多いです。

また、敷地境界周辺では独立フーチング基礎を用いるとフーチングの中央に柱をたてることができないので、この偏心を避けるために内側の柱と一体の基礎として複合フーチングがとられることがあります。
連続フーチング基礎は、鉄筋コンクリート壁式構造や木造住宅などの基礎として多く用いられています。

さらにフーチングを広げて床の下全面に設けたものをべた基礎といいます。
軟弱な地盤や荷重が大きい場合などに用いられます。
基礎スラブの配筋は、力の流れ方から、床スラブを逆にしたような形に行われます。
べた基礎の場合は、床下のつなぎばりで囲まれた部分に空間ができます。
はりせいが高い場合には大きなスペースとなり、汚水槽・蓄断層などとして利用することがあります。
当社は、仙台のリフォーム工事におきまして、専門的な知識や情報、経験をお客様へ還元することがよりよい住まいと生活の場を提供できる最善の道だと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする