いまの家は10年もたない〜どんな建て方がベストか?

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

住宅をめぐる様々な問題について

日本の住宅をめぐる様々な問題の中で、いちばんいけないのは、20年とか30年とかのローンで建てた家はローンの支払に疲れて、家屋の手入れを怠るから、放っておけば、およそ10年ぐらいしかもたないだろうことであるように思われます。
建てて10年目ぐらいで、あちこちガタがきます。
まだローンが半分しか終わっていないのに、家がなくなったら、どうしたらいいのでしょうか?
だから皆様に提案したい原則が、最初から完璧なものを作ろうとしないことであるという考えです。
用意しうる自己資金の限度内で不満足でも建てられる家を建て、あとのローンの支払いにあてる分を、増改築に使ったり、設備の改良に使っていく、というふうなものがもっとも懸命だと思います。
もっと言ってしまえば、10年後には欠陥住宅になるのは目に見えているのだから、最初から欠陥住宅と思って建てて、それを成長させてだんだん良くしていこうということなのです。

住まいも人も成長する

今の家の建て方というものは、最高に睦み合っているときに結婚して、そのあとはずっと下り坂で、墓場まで一直線といった感じだと思います。
夫婦というものはそういうものではありません。
住まいもまたそういうものではありません。
成長していかなければならないと思います。
それでも自己資金というものはまったく限られたものでありますので、10年を目処とした短いローンが必要かもしれません。
それでも住宅金融公庫あるいは共済組合といった低利のローンでまかなえるぐらいの金額におさめておいたほうがいいと考えます。
建物はどんどん悪くなり、金利は寝ていても増えていくでは、低開発国の借金と同じでパンクしてしまいます。
景気の良かった時代と違い、今はボーナス自体の金額も下がってしまって、ややもするとローンが払えないといったケースも出てきています。
サラ金で金を借りて路頭に迷ったりしては、本末転倒の極みです。
また、何故家を建てたり、買ったりしなくてはならないのかを反省してみる必要もあると思います。
もっとも考えなければならないのは、年齢を含めて家族構造の変化とそれに対する今後の予想であると考えます。

色々な計画を見直してみる

一番やさしいのは建築計画、次に経済計画、一番難しいのが家族計画だと思います。
家族に突発的な事故が起こったらどうなるのか。
家族が全員健康で平穏無事であるという前提で全てが決められているところに、突発的に病気の人間などが出たら対応できなくなるでしょう。
そんな余裕はないのに、どうしても子供を私立の学校に入れなくてはならない場合だって出てくるかもしれません。
何が起こるのかわからないのに、全てがローンで限定されていたら、にっちもさっちもいかなくなるでしょう。
家族計画の突発的な変更にも対応しうる柔軟な経済計画、建築計画でなくてはならないということになります。
家を買うのも自動車を買うのと同じです。
トラックの必要な人がスピード満点のスポーツカーを買っても仕方がないということになります。
当たり前といえば当たり前ですが、このあまりに当たり前のことが、今ひどくないがしろにされていると感じずにはいられません。
当社は、お客さまのリクエストや生活スタイルを重視し満足いただける対応をこころがけています。仙台に限らずリフォーム工事に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする