古人の知恵は、きめ細かい”建築基準法”

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

江戸時代にあった「家相書=建築基準法」

江戸時代には、家相書が数多く出されましたが、そのひとつ『民家秘要』という本のなかに「湯風呂は片隅へよせたるはくさりはやし、四方とも風の通るをよしとする。
水はしりは勾配を急にするは悪し、ゆるゆるとすべし」とあります。
これは、昔は木製の浴槽であったため、湿気があると腐敗しやすく、浴槽を使わないときはそこが乾燥するようにつくれろいう意味であり、また浴槽の床は、排水をよくするために勾配を急にするよりは、むしろ滑って転んだりしないよう、勾配を少なくしたほうがよいと注意したものです。
これなどは浴室をつくる際の設計基準と考えてよく、家相書の中には、こうした古人の知恵が数多く含まれています。
いわば、現代の建築基準法にも通じるものといえます。

今も昔も妊娠中は安静に

また、家相書の中には、生活上の禁忌について書かれた部分があります。
たとえば、妊娠中の女性がいる家では、ちょっとの工事でもしてはならないというのもそのひとつです。
理由は、妊娠はけがれたものだから、普請という神聖な行事に関わってはならないという禁忌です。
これはタテマエで、ホンネとしては、妊娠中のお嫁さんの負担が工事のために荷重になるのを避けるという思いやり、それと、新築の家は、十分に乾燥していないために湿気が多く、妊婦の健康によくないという衛生上の知恵です。
タテマエの理由は封建的でバカバカしいのですが、ホンネの2つは、現代にも当てはまります。
産婦人科医の友人に聞いた話ですが、最近は流産が非常に多く、その原因の中に、引越しの時に動きすぎてというのが意外に目立つということでした。
妊娠中の新築、移転は、現代でもやはり避けるべきといえるでしょう。

家造りの大敵「湿気」

湿気の問題は、現代だからかえって役に立ちます。
特に鉄筋コンクリートの家の場合注意する必要があります。
普通、コンクリートを固まらせるには、セメントとの重量比で60%ぐらいの水がいります。
それくらい入れないと固くてうまく練れないというわけです。
ところが、固めること自体に要する水分は30%程度、むしろ30%ぐらいが一番強度のあるいいコンクリートになります。
そうすると、余分な水は蒸発しなくてはならないわけですが、キメの細かい良質のコンクリートほど水分の蒸発するのに時間がかかることになります。
目の粗いコンクリートだと工事の間にも水分は蒸発してしまいますが、良質なコンクリートで、またその上に漆喰などを塗ってあったりすると、余分な水分が蒸発してしまうまで数年、少なくとも1年以上はかかることになります。
最近、非常に苦情の増えている壁や柱など室内での結露も、このコンクリートの乾燥状態に依ることも多いようです。

以上はほんの一例ですが、迷信にすぎないと思われることでもよく考えてみると古人の知恵が秘められているのに感心させられます。
現代の建築基準法には、これほどキメの細かいきていはないので、こうした家相書も一読の価値があるというものです。
当社は、お客さまのリクエストや生活スタイルを重視し満足いただける対応をこころがけています。仙台に限らずリフォーム工事に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする