業者の家を見て決めよう!

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

担当者を見て住み方を考える

家は人生最大の買い物、やはり在来工法が一番か、いやプレハブでも相当いけるし、はたまたツーバイフォーはどうか、と家の建て方、工法の選び方は難しいものです。
しかし、忘れてはならないことがあります。
工法とはどこまでいっても建て方であって、住み方ではないのです。

プレハブ建てでも、プレハブで住むわけではありません。
完全な工法というものはありえないということを理解して欲しいのです。
工法は鉄筋であろうと木造であろうとプレハブであろうと、みんな一長一短があります。
それは完全な人間がいないのと同じことです。
奥さんやご主人を選ぶのと同じで、向こうも不完全ならこちらも不完全なのですから、お互いに努力して良い住まいを作っていくと考えたほうがいいのです。

その意味では、信用ある業者を選ぶのが、建て方を選ぶ際の最大のポイントということになります。
要は人なのです。
といって、これもなかなか難しいのですが、その業者の社長の家、若しくはセールスマンの家を見に行くというのは1つのいい方法かもしれません。

自社商品を利用しているかを見極める

例えばトヨタ自動車の社長はトヨタの車に乗っているわけで、社長だからといってベンツに乗ったりはしないはずです。
トヨタのセールスマンがホンダのオートバイに乗ってきたりはしないのです。
だから住宅会社の社長なら、自分のところで売っている家に住んでいると思うのが普通でしょう。
自分が売っている家に住んでいないような社長のいる会社に工事を頼むのはやめましょう。

住宅公団創設時にまつわる話です。
公団総裁が家を新築し、その設計者が友人だったので、招待された方が家を褒めにいきました。
「ああ、これはいい家ですね」というやり取りがひとしきりあって一段落したところ、その方は「総裁は公団住宅にすまなくてもよいのですか?」と聞いてみました。
その時の公団総裁の答えは、一言
「あんなところに住めませんよ」・・・。

その方はその一言で公団住宅というのはダメだなと思って、それ以降公団のお手伝いはしなかったし、またさせてもらえなかったと言っています。

お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする