軒や庇にも深い理由がある

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

文明国では雨が少ない?

日本は雨の多い気候風土が特徴なので、住まいも、これをまず第一に考えておかなければなりません。
わが国の年間降雨量は、東京が1500ミリ、太平洋岸の静岡で2355ミリ、日本海側の金沢が2662ミリ、新潟県の高田が3038ミリ、太平洋岸の尾鷲ではなんと4158ミリも降っています。
一方、外国の例を見てみると、ロンドン、パリ、それにモスクワや北京など、みな一年間の雨量が500ミリ台となっています。洋の東西を問わず文明国では雨が少ないようです。

雨量に影響される建築様式

気候風土がそこに住んでいる人々の生活に及ぼす影響は、考える以上に大きいといえます。
西洋と日本の雨量が全く違うのに、欧米の風土に合わせてつくられた西洋館をそのまま建ててもダメでしょう。
たとえば、最近の新進気鋭の建築家が設計した住宅は、西洋式に軒、庇がなくて屋根が平らだから必ず雨が漏ります。
その雨も、とくに名古屋以東の雨は縦に降らずに斜めに降ります。
広重の浮世絵「東海道五十三次」などを見ても、だいたい右上から左下へ降っています。
京都あたりへ行くとわりあい静かで、あめは縦に降ります。
少し前の京都では、蛇の目や番傘が使われていましたが、東京では大体がこうもり傘をさしていました。
これには理由があって、京都は横なぐりの風がないので蛇の目や番傘で十分なのに対し、東京はこうもり傘をささなければならないくらい強い横向きの雨が降るという事実がありました。

日本の気候風土に適した家造り

壁というものは、軒が出ていればあまりぬれませんが、ないと直に雨が吹きつけます。
要するに縦になった屋根といえばいいわけで、壁も屋根と同じような状態になるということです。
日本家屋の屋根と庇は、この大量の雨量と太陽をコントロールする装置といっていいでしょう。
勾配の急な屋根は、何千ミリという雨量をこなしてくれます。
軒の出ぐあいは、夏には日中の太陽が室内に入り込むことを防いでくれると同時に、冬の太陽が十分に、座敷の奥まで差し込むように設計されているはずです。
梅雨時の蒸し暑い日には、窓を開けておいても深い庇が雨足を防いでくれ、通風も確保してくれます。
前の日に所在なく軒先から落ちる雨だれを眺めるなど、豊かな日本的な情緒とえいないでしょか。
わが国の雨量は、こうした先達の知恵を借りて、独特の住まいを現出させたのですが、気候風土を無視した見かけばかりの外国風は、ちょっと困ったものであると考えずにはいられません。
当社は、日本独特の気候や活動拠点でもあるこの宮城県仙台市においての経験値がありますので、少しでもお客さまに快適に過ごしてもらえるようしっかりとした住まいのご提案をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする