内開きのドアか、外開きのドアか

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

日本家屋の玄関は引き戸が普通でしたが、いつの間にかほとんど蝶番付きのドアになってしまいました。これは生活風習の変化もさることながら、建具としての耐久性や開け閉めの便利さ、防犯上の安心感などからも当然のことだと思います。

ただし、「玄関は家の顔」ということを意識しすぎたせいか、最近の建売住宅などでは、ゴテゴテと装飾過多でどうにも違和感が強いドアもあります。
インテリアばかりではなく、家全体、外観をつくるエクステリアのコーディネートにもセンスを生かしてほしいものです。

玄関に限らずドアは丈夫で重厚なのが一番です。窓や障子、ふすまといった建具は軽いほど上等ですが、ドアは重さで閉めるものです。なので良いドアの条件とは重いことです。またその方が狂いも少ないものです。

日本の玄関のドアは内開きにできない。
靴を脱ぐのが日本の玄関であるので、普通はたたきに履き物が散乱していて、内開きではドアが引っかかるという事態が生じるからです。
外国映画を思い浮かべてみても、外開きのドアなど見たことがないでしょう。
エチケットとしては、ノックする人が押して入り、許可を与える人が引いて招き入れるものなのです。その方が無法な侵入者などに安全性が高いのです。

入ってほしくない人なら、ドアを押し返して閉めることが出来ます。
逆だったら、ノブを懸命に引っ張らなくてはならず、外の力が強い場合引きずり出されてしまいます。
錠も普通内開きを前提に作られていますし、蝶番にしても外開きの場合、外からごそっとドアごと外すことが可能となります。
ドアの機能としては内開きの方が絶対に安全です。

トイレのドアにしても内開きにしておけば、中に人が入っているのに「あっ、失礼…」と鉢合わせなどというケースも無くなります。
日本古来のドアというのは「観音開き」といって、外側に開くものですが、西洋式のドアは内開きが原則です。

お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする