地震体験者に学ぶ「家の中」

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

家の中も危険がいっぱい!

地震のときは家の中にいようと、外にいようと、激しい揺れが容赦なく牙をむきます。
たとえ家の倒壊は免れたとしても、家の中にも危険が多いことは、先の東日本大震災の時にも語られています。

理想を言えば、倒れそうなものは家の中に何も置かないのが一番安全なのでしょうが、そのようなわけにはいきません。最近は西洋風のインテリアが増えて、重厚な調度品やシャンデリア、額縁、ガラス扉の大型の本棚など”危険物”がいっぱいです。

家具の固定はバランス重視

地震に遭遇した人の話を聞くと、書棚の中の本が飛び出してきたといいます。
また、台所の吊り棚の中の食器なども飛び出してきたそうです。
上下動を伴った関東大震災級の地震で、倒れない家具となると、縦・横・幅が同じくらいのプロポーションのものだといいます。
東日本大震災においては、縦長の大型冷蔵庫が転倒しています。

当然のことながら、背の低いズングリした家具、重心が低い家具ほど安定性があるわけで、本棚などは奥行きがないだけに危険ですが、文庫本のような一冊一冊が軽くて小さな本を上に置いておくと、地震の揺れ初めの時点で飛び出して落ち、下に重い本が残り安定します。
地震に対しては、ものは奥よりもぶら下げたほうがいいといわれています。
下端よりも上端を固定したほうがいいということになります。

日々の工夫が災害から身を守る!

家具を二段重ねる場合は、下段だけを床に固定すると、かえって上段が落下しやすくなります。
一番効果的なのは家具のてっぺんを壁に止めておくこと。
あるいは、梁と家具のてっぺんにネジを打ち、針金で結んでおくだけでも効果は大きいでしょう。
地震のときは、タンスなどしっかりした家具のそばに隠れると安全と言われていますが、こうした耐震の備えがないと、いざというときに困らない配慮が払われていればいいのです。

例えば食器棚などで、観音開きの扉がついているものは、大きな地震に見舞われると中のグラスや皿が飛び出しやすいのですが、これを引き違い戸にしておけばその心配が少なくなります。
また、寝室に落下物を置かないことや、吊り下げ式の照明器具は落ちないように補強するとか、万一落下しても危険のない照明器具にしておけばいいのです。
日々のちょっとした工夫が大切であるといえますね。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする