地震でつぶれない家について

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

諦めない地震対策を!

日本は地震列島と呼ばれるくらいで、この国に住んでいる限りこの心配からは免れえません。

また、現代の都市環境というのは、危険がいっぱいです。

地下鉄に乗っていたり、地下街を歩いているときに、ふと『今、大地震が来たらどうなるのだろう?』と思って不安になることはあるのではないでしょうか?

現在の東京の都心にいて、関東大震災級の地震が来たら、まずひとたまりもないでしょう。「そのときは諦めるしかない…」と達観されている方々もいると思いますが、個人的にそこまで諦めきれません。

ましてや、住まいにおいてはできる限りの地震対策はしておきたいと思っています。

耐震性の強い住宅の第一のポイントは、やはり敷地の地盤です。

いくら建っている家が構造的に耐震性能が高めであったとしても、その地盤が弱ければ何もなりません。

一般には皇室の岩盤のような土質では揺れは少なく、粘土質のような軟弱地盤では揺れが大きいといわれています。

新しく造成されたような宅地の中には、年度や砂のような軟らかい土砂を盛土してあるところもあるので、土地選びの際にチェックが必要でしょう。

高耐震性構造という選択肢

建物自体にかかる地震力の大小は、同一の構造、地域であれば、その建物の重力に比例するといわれています。

つまり家は軽いほど地震には強いといえます。

また、日本にある建築物が地震で壊れるときにはまるでスローモーション。

ビデオをみるかのように、グニャ〜と崩れるといわれています。決してバシャッ!とはいきません。これはつまり、この国では弾性と塑性に優れた建築材料が耐震性を増すために使われていることを示しています。

その意味で、住宅において最も耐震性の高い構造は鉄骨造となります。

鋼(スティール)は弾性係数(ヤング率)も引張強度も高い、耐震性のある材料です。

また、鉄骨造の住宅は軽いです。これであれば、まず地震でつぶされることはないでしょう。

また、木造にしても鋼材(ボルト、金もの、クギ等)がたくさん使ってあるほうが丈夫です。

普通、伝来の在来工法においては、クギをあまり使わないのが高級とされていますが、鋼材を補強に使ってある方が丈夫であるといえます。

建物の倒壊にはいたらないまでも、屋根瓦の落下という被害が多いです。

重いくずれやすい瓦は地震に対してはあまりよい材料とはいえません。

また、給排水管の折損やガス管からのガス洩れ事故を防ぐためにも、パイピングは短く、集中させるよう心がけるのも、重要な地震対策の一つであるといえます。

お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする