”火に強い”だけではかえって危険 – 防火対策

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

住まいの防火対策を考える

住宅を耐震的にすることも必要ですが、全塗したように日本建築なら地震でつぶされて死ぬことは少ないといわれています。
それよりも怖いのは、地震の後の火事です。地震を予知することは、今の科学では難しいとしても、家を燃えなくすることは可能です。
住まいの防火対策を考えなくてはなりません。防火対策が「家内安全」の第一歩であるといってもいいでしょう。

現代の火事においては、大火とボヤでは全く違ってきます。
建物の周囲が1,000度にもなるような大火になったら、どのような家を作ってもダメです。
ただし、現在での大火のケースというのが、火元が多すぎて消防体制が追いつけず、間に合わなかった場合です。
それ以外で大火になることはまずありません。問題は大火にまで至らぬケースです。

消防白書を調べてみればすぐに分かることですが、建築物との関係が原因の死亡者、特に煙に巻かれての死亡者が多いのです。
これは最近の新建材や衣服・寝具などに高分子の合成材料が多くなっていることに起因している。

住宅火災と建材について

昔からある金属やセラミックス、セメント、石綿などの不燃材料を取材とした建材なら安全ですが、難燃・可燃の新建材は火災の際を考えると使用はできるだけ控えたいものです。
特に難燃というのは、文字通りにいって燃えにくい材料ということではありますが、これは決して燃えないということではありません。
不完全燃焼するということなのです。

火災時の黒い煙は完全燃焼していない炭素、一酸化炭素がいっぱいという証拠です。
アクリル繊維からは青酸ガスが出たり、塩化ビニールは熱分解の過程で窒息性のホスゲンガスも出るといわれています。
ホスゲンガスは第一次世界大戦依頼禁止されている化学戦に有効な毒ガスです。

意識の高い防火対策を

また、高分子材料は燃焼に際し大量の酸素を必要とするので、気密な空間では酸欠に陥りやすいのです。
閉鎖された艦船の火災や炭鉱などの事故に似た、酸欠による窒息や呼吸器の火傷による死者が最近の住宅火災では多くなりました。
つまり難燃などという安全そうな美名を冠してはいますが、人間にとっては非常に危険な代物ということであります。

人間がそこにいない分にはいいのかもしれませんが、消防・防火にはそういった人間をないがしろにした考えが時々顔を覗かせるのが気になります。
防火壁で閉ざしてしまって、中に酸素が無くなれば火は消える…などという考えです。
もし、その中に人がいたら間違いなくその人は死ぬわけなのです。

火災というのは、可燃物があること、酸素があること、発火・点火のエネルギーがあること、この3つの要因が揃って発生します。この3つが揃わないように気をつけるのが、住まいの防火対策の基本であると言えます。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする