住まいがスラム化する、そのときに

東北ホームテックは仙台のリフォーム業に携わりながら、地域や住まいのあるべき形を考えています。

身近に潜むスラム化

現代の都市型住居はスラム化するという説があります。
たとえば、地球上で最も先端をいくといわれる都市・ニューヨークの荒廃ぶりが伝えられて久しい中、暴力と犯罪のスラムの街というイメージが定着してしまったように感じられます。
スラム化し、誰も人の住まなくなった都心の高層アパート群。
ときに保険金目当ての放火が起こるぐらいで、人の気配はありません。
そこに、人間の”住まい”の影を見ることは難しいでしょう。
そんな風景を雑誌等で見ると、非常に薄ら寒い思いがしてきます。
東京の都心のマンションもそう遠くない未来に中古不良化し、ニューヨーク同様スラム化するという可能性を秘めているように思えてきます。

3つのスラム化の原因

これらの現代の住まいと人間の生活に関する暗い見通しの要因はなんだろうと考えてしまいます。
都市における住居のスラム化には3つの原因があるといわれています。

1.過密居住
2.メンテナンスをしないこと
3.モラル(勤労意欲)の減退

家の構造自体に関わることは、メンテナンスの不足、つまり家に対する思いやりの欠如ということになります。
住み続ける意志の減退といったところでしょうか。
過密居住についていえば、アメリカの調査によると1ヘクタールあたりの人口が200人以上になると、過密状態といってよいとしています。
500人を超えたら、これはスラムといえます。
しかし、先にあげた3つの要因がそろわない限り、そこはスラムにはならないと思います。
3つそろってはじめてスラムと呼ぶべき状況となるのです。

モラルとスラム化の関係性について

賀川豊彦の『死線を越えて』という本があります。
そこに神戸のまさしく裏長屋というか、貧民窟とでもいうべきスラムの話があります。
ところが、戦争中神戸も空襲に遭いましたが、爆弾が落ちても火災の起こらなかったのは、そのスラムでした。
というのは、そこの住民たちの連帯が緊密で強力な消火活動が行なわれたからです。

以上の事実から、これはスラムではないと認識できると考えます。
確かに、ゴミゴミと過密居住であっても、人心の荒廃はそこにはありません。
結局、家が衰退しスラム化するのは、住んでいる人のモラルの低下につきるといえるのではないかと思われます。
このモラルとは家族での生活をよりよく営んでいこうとする意志と言い換えてもいいでしょう。
隣人を含めコミューンと家族全員の幸福の追求を放棄するとき、住まいはスラム化への道を辿り始めるという結論に達します。

「Do it yourself」。
これを言い換えれば”自分のことは自分でやるしかない”に当てはまります。
家を建てるのも修理するのも自分でやればいいというのが極論にはなりますが、決して他人事ではなく自分自身でよく観察し考えるという姿勢が望まれます。
こういった考えと意志のもとに存在する住まいは、よく手入れされた裏長屋は金殿玉楼にはない美があるように感じます。
それが住民のモラルであり道徳であると考えます。

当社は常に「本当に住みやすい家」について考えています。
仙台のリフォームについては、傍目には増改築というプラスのイメージを放っていますが、一括りに物事を捉えてしまうと大事なものを見落としてしまうと気をつけています。
家ごと、家族ごと、地域ごとによって、このリフォームというものは規模や程度、そして思い入れが違います。しかもここ宮城県の仙台市というところは、47都道府県のどことも類似しているものでもなく、完全なる独自性を持った地域であるからです。
しっかりとお客さまの声に耳を傾け、地域やそこに暮らしている人たちの生活や息遣いといったものをしっかりと感じ取れる人間として、リフォーム業に関わっていきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする