家事のスペースは子どもたちの見えるところに

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

注目されているユーティリティ

ある住宅メーカーが、主婦7人にモデルハウスの設計をしてもらったところ、台所の近くに”主婦のコーナー”を置いた人が大勢を占めたことがあります。

夫婦というものは人生の大半を同じ家の中で一緒に暮らすものです。

だからこそ、住まいの中には夫には夫の、妻には妻の…という場所があることは良いことですし、また必要なことではあろうと思います。

その意味で、夫にとっての書斎と同様、洗濯や縫い物をしたり、ちょっとした書き物もできる妻のスペースがユーティリティとも呼ばれ、ここ数年急に注目を集めてきたのも当然でしょう。

洗濯機のポジションについて

洗濯機が出回った当初は浴室に置かれていましたが、電気製品を濡れた床の上に置くのは危険なので、大抵の家では脱衣室に置いています。

家族が脱ぎ捨てた汚れ物をすぐに洗えるようにしているようです。

家事室を設けるとなるとこれら洗濯機の置き場、それに乾燥機のスペースを取ることになります。

洗濯には他に手洗いの必要なものもあるので、洗濯用の流しも必要です。

乾いた衣類にアイロンをかけるために、アイロン台を設け、さらにタオルやシーツなど、家族共通のものをしまうスペースも必要です。

また、電気掃除機の類も収納したいし、家計簿づけや領収書、請求書の整理に机も要ります。

家事スペースの重要性について

こう考えてみると、家事室にはかなり大きいスペースが必要になってきます。

たしかに分散された場所で行うと、それぞれの部屋が散らかりますし、主婦もあちこち動き回らねければならないので、1ヶ所にまとめることによって作業を効率的に行える利点はあります。

洗濯機やアイロンなど、幼児にとって危険なものを1ヶ所にまとめるのも良いことでしょう。

ですが、今並べてきたように、食事以外の家事はすべて一室で、というと以外に大きなスペースを必要とします。

それに、よほど広い場所がない限り、ユーティリティを設けてもかえって不便になります。

見守りもできるユーティリティ

ところで、家庭電気製品の普及などにより、最近では主婦も家事だけに時間をとられることはなくなりました。

これからの主婦にとって、家事労働の省力化でできた時間をどのように使うかということが、重要な問題になってくるでしょう。

また、平均寿命も長くなってきているので、老後の生活にも大きな関心が寄せられています。

こうした状況を考え合わせると、主婦にも家事以外の、趣味とか仕事をする場所があってしかるべきです。

ユーティリティーを望む主婦が多くなったということは、これと無関係ではないでしょう。

しかし、先にも述べたように、独立した部屋を持つとなると、いろいろな問題が出てきます。

家事にせよ、趣味にせよ、一室にこもりきりになるよりは、子どもたちを見守りながらのほうが安心です。

また、子どもには母親の働く姿、読書する姿などから学ぶものも多いです。その流れで考えお勧めしたいのが「キッチンのコーナーの利用」です。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする