「住む立場」の発想とは

東北ホームテックは「住む立場」の発想について真剣に取り組んでいます

高価なものと自己顕示欲

時折、メガネとカメラは似て非なる商品であると思うことがあります。
それは、レンズがはまっていることや、安いものから高価なものまであって価格の幅もよく似ているのですが、カメラのほうが遥かに高いパフォーマンスがあり、メガネの方はすこぶる簡単です。
メガネは、そのデザインや材質で価格がハネ上がるにもかかわらず、実際の機能は、1万円のものも、10万円のものも大差はありません。
カメラの方は、1万円と10万円では機能と性能に大差が出てきます。
メガネは自分が見るものには違いありませんが、それよりも見せびらかすという要素が大きです。
高価なものほどその傾向が強いといえます。
「こんな高価なメガネをかけているぞ!」と自慢しているようです。

住まいにおけるミスマッチ

こうした立場の食い違いは、住まいについても言えることです。
近ごろは住宅を手に入れる際、住みやすいかどうかという機能主義的な観点が忘れ去られ、虚栄的な発想で選ぶひとが多いのではないかと考えます。
例えば、東京の都心に次々と建てられる超豪華マンション。
各戸の人口では、デンマーク製門灯の淡い光が、イタリア産大理石をはめたポーチの床を照らしています。
そして、ドアにはベルギー製の彫金をほどこした金メッキのノブ。
こうした成金趣味といわれるものは庶民には縁遠いように見えるものの、逆に俗物として庶民の虚栄心をくすぐってあまりあるものです。

また、新聞のマンション広告を見ても、「神宮の森はまさに目の前」「豪邸と緑。デンマーク大使館跡」といった、大キャッチフレーズがおどっています。
こうした傾向は、マンション、一戸建て住宅だけではなく、すべての住まいに当てはまるようです。

例えば、部屋にマッチしないシャンデリアを買ったり、玄関のドアに立派なものをつけたりする人は結構多いように感じます。
開け閉めの激しい勝手口のドアがお粗末で、めったに開けない玄関のドアにお金をかけたりしているのを見ると、発想の貧しいことがわかってきます。

住むための家づくりを最優先にする

ユーザーとしての発想というのは、住まいを考える時の最も基本的な視点です。
虚栄心だけを満足させるオーナー志向というものは、住まい方、暮らし方の実質よりも、容れ物である「住まい」そのものの見かけの”価値”を重視するおかしな発想です。
必要なのは照明器具というハードウェアではなくて、照明というパフォーマンスなのです。

現代は、目的がはっきりしないものが多く、デパートやスーパーマーケットで見かけるドッグフードにしても、パッケージのデザインを美しく飾りたてることで犬の飼い主に買わせようとしていることは明らかです。
犬にしてみればドッグフードの味と栄養が大問題なのであって、飼主の目を引く飾りにばかり金をかけられては、人としてもたまったものではありません。
なにか、今の住宅のあり方に一脈通じるものを感じます。

当社では、住む方の要望とその生活スタイルを最優先に考えます。
勿論、お客さまのご予算も優先していきますが、住み始めてからの快適さと満足度、そしてそこから紡ぎだされる幸福度をイメージしていくことが大切だと考えています。
拠点をここ仙台に置いていることもあって、リフォームという認識は一般的なそれに当てはめるのではなく、あくまでも地元仙台、宮城であることを前提にしています。
「東京ではこれが流行っている」「全国的にもこの方法が満足してもらえている」という、全国区の判断基準に流されず、住まいをリフォームする施主さまの考えや思い、そして今日に至るまでの人生というものを感じていき、それをしっかりと反映させていくことをポリシーとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする