衛生思想だけで、日本の風呂は作れない

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

日本のお風呂というのには、やはり独特の良さがあるようです。
日本式の風呂は、汲み置いた湯に入るという西洋式の行水型でもないし、サウナ式の蒸し風呂でもありません。
湯を沸かしながら入る形式は、外国の人たちから見ると奇妙にうつるようです。
ましてや五右衛門風呂に至っては、浴槽自体が釜なのだから、外国人が驚くのも無理はありません。

最近ではシャワー主体というのが生活のスタイルとして日本でも増えてきているようです。
ただ日本人の入浴というのは、単なる衛生のためだけではなく、くつろぎであり息抜きでもあり、一日の心身の疲れを癒やすものでもあります。
だから、西洋式の風呂ないしシャワーというのは、全くのサニタリーと考えても大げさではありません。日本の風呂の独特の魅力は、簡単には廃れないと考えています。
したがって、浴室はなるべくゆったりと取りたいということになってきます。

ですが、浴室に全建築面積の4%以上を取ると、どこか他の部分に無理が生じてきます。
最小限の広さを2平方メートルとすると、50平方メートル以下の家に浴室をつけるのは少々難しいことになります。体を洗うためだけなら、0.5平方メートル程度で済むシャワー室でも良くなってきますね。。

ここ数年、ユニットバスのシステムが広がり定着しそうな勢いです。
ただこのシステム、給湯式でひねればお湯が出るというのはかなり気分がいいものですが、効率的にいうとどうかな…と思ってしまいます。
汲み湯ができないこと、二度炊きが不可能なことなど、水道代と少し相談しても良い面があるようです。
また、いわゆるポリバスというものは、汚れがつきやすく、しかも熱に弱い。ちょっと古くなるとなんとなく不潔な印象がするのは問題かもしれません。

日本人は首までドップリ湯に浸からないと風呂に入った気がしません。
浴槽の大きさは、最低でも長さ90センチ、幅65センチ、深さ60センチは欲しいものです。
西洋式のバスにするのなら暖房が十分行き届いた風呂場でないと、なんとなく肩が寒く感じられます。給湯設備とうまく組み合わせると暖房も容易にできたりもします。暖房を強化すれば、サウナ風に使えて、新しい和洋折衷の形式が開発されるかもしれません。

しかし、浴室において何よりも大切なのは、安全運転です。
なにしろ裸で無防備状態なのですから、窓ガラスや出入り口のガラスが割れたときのことなども考えておく必要があります。結露、熱貫流、ガス中毒はもちろん、滑ったの転んだのの話も、重大な事故につながることを忘れないようにしたいものです。お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする