夫の願い「書斎」をつくるには?

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

「書斎」は主人の夢?

ウーマンリブの方々は、女性を台所に縛り付けるな!とはいうものの、ともあれ、主婦にはれっきとした台所、あるいは現代風にキッチンという女の城があります。
前述したように「御台所」は貴婦人の尊称であります。
しかし多くの家庭では夫の座らしきものはありません。

家に帰り着いた夫は夕刊を持ってウロウロ、晩メシまでの間は座るところもない…。
そこに登場するのが夫の座としての書斎です。
書斎でゆったりと寛ぎ、ささやかな亭主関白の座を確認する。
ということで、ここ数年書斎を持つというのは世の亭主族の願望のようにすら伺えます。

ステイタスシンボルとしての書斎

近世から現代にかけて、和風住宅の主流を形成した様式に書院造りがあります。
この書院も本来書斎なのですが、身分を誇示しなければならなかった主人の日常生活の場でもあっただけに、若干身分不相応になりがちでした。
書院の作例は明治以降も多いのですが、多くは田舎紳士や成金趣味で、本当に美しいのは、書院本来の機能を重視した桃山以前のものになります。

つまり、古今東西、書斎はどうしてもステイタス・シンボル、あるいは単なる自己満足と結びつきやすいのですが、必要のない装飾やスペースを取るのはどうかというものになります。

ポイントは現実的な創意工夫!

非常に立派な書斎を作ったとしても、本を読んだり、ものを書いたりする際に、実際に書斎を使うかどうかは保証の限りではありません。むしろ大半の人は、ベッドやソファに寝っ転がって”読書に勤しんで”いたりするのではないでしょうか?
また、電車のほうが自分の読書空間と決めている遠距離通勤者を何人も知っています。
書斎で机に向かって”知的生活”に挑むという人は少ないでしょう。
遊ばせておくためだけの書斎ならば考え直したほうがよさそうです。

しかし、男性の仕事も時代とともに厳しくなり、家に帰って専門書を読むこともあります。
あるいは家庭に仕事を持ち帰るということもしばしばあります。

したがって、狭くてもよいから、亭主専用のスペースを設けたいものです。
2〜3畳程度の広さで、本棚を作り付けにしてはどうでしょうか?

あまり広いものよりも、手を伸ばせば何にでも届くくらいのスペースのほうが帰って使い勝手がよい書斎になると思います。
どうしても書斎のスペースがとれない場合は、寝室あるいは、個室の片隅に本を持ち込めばいいのです。寝室の一部に作り付けの本棚を設け、読書のために折りたたみ式の机を設置すれば、立派な書斎コーナーになります。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする