多目的に使えるのは、”単純な家”

仙台のリフォームなら日本独自の住宅感を真剣に考えている東北ホームテックにお任せください

日本人の住まい=多目的

日本の住宅は、ひとつの部屋をきわめて多目的に使ってきました。
食事をし、居間として歓談し、夜具を敷けばそのまま寝室になる、というのが日本人の住まいでした。
要するに、部屋を時間のシークエンスによって使い分けてきたのです。
「寝る間もない」というときは、時間を指す意味で「間」を使いますが、さきにもふれたように、日本の住まいでは「間」、すなわち空間の使い方にも通じます。
日本人は、長年にわたって「寝る間」、つまり寝室を作って生活してきたのです。

日本人の住宅感について

近代建築額では、「食寝分離」という西欧風の考え方が支配的になりつつありますが、単純なつくりの空間を多目的に使うという、我々が祖先から受け継いできた住まいの知恵は、これからの住宅を考える上でも捨てがたいものがあります。
ところで、日本語で「いえ」という言葉は、漢字で「家」と書かれますが、『古事記』では「寝戸」と当ててあります。
住宅の主要な機能としての寝ることと、日本の住まいの重要な構成要素である戸という字が使われているのは、日本人の住宅感をよく表しているのではないかと考えます。
古くは天岩戸の神話を見ても、戸が住まいの象徴でした。
また、日本語の「建てる」という言葉には、西洋や中国の建築のように、レンガや石を積み上げて建てるのではなく、戸をたてることで、ひとつの連続した空間を仕切ったり分割したりするようにして、空間を構成し直すという意味があります。
日本人の根源的な住宅感と空間に対するイメージをとらえた言葉といえます。
戸・障子を閉めることを「たてる」といいます。屏風、衝立などは間仕切りをすることです。

生活空間をいかにつくるか

日本のように平穏な気候では、室内と戸外の環境の変化がそれほど激しくないから、家を建てるということは、自然の広がりの中に、雨露をしのぐ工夫をすれば事足りたのです。
ですので日本人は家を建てるにしても、戸や障子のようなもので組み立てれば、それが「いえ」、すなわち「寝戸」になったということです。
つまり、日本の家は、戸、障子、ふすまなどで空間を仕切ったり、区切ったりして生活空間をつくってきたのです。
日本の家には壁はなかったとさえいえるでしょう。

また、日本の戸やふすまの働きもなかなか面白いものがあります。
たとえば、和風住宅の戸やふすまを全部取り払うと、家中がひとつの大きな部屋になり、昔は結婚式や葬式、そして寄り合いの場としました。
現代のモダン・リビングは、各部屋の役割がはっきりと分けられています。
これはたいへん合理的なようですが、昔の日本の住まいが教える、単純な間取りの家ほど多目的に使えるというのもひとつの真理なのです。
この頃ワンルーム・マンションが人気と聞きますが、これは単純な家族構成の家というべきもので、ここでいう単純な住まいとは意味がちょっと異なるように感じられます。
当社におきましては、日本の風土で培われてきた住宅感とそれに準じた生活空間をいかに住みやすいものにするかを仙台のリフォームにおいて真剣に考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする