「働くための庭」は多目的空間に

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

サービスヤードという言葉があります。
「働くための庭」とでも訳したらいいのでしょうか?
物干し場など、屋外での家事労働のための場所のことを指します。昔の土間も、今風に言えばサービスヤードと言えます。サービスヤードの位置は、当然、台所に近いところが便利で、通用口に近く、日照を得られることなども条件となります。サービスヤードには、物置き、物干し、井戸、燃料置き場、自転車置き場、流し場などの施設を置きます。

家相書では、物干し場を家の棟越しに作るのは凶となっています。
家の上昇機運をおさえるというのが家相の考え方なのですが、これには建築上の根拠もあります。

まず第一に、屋根に負担がかかる、屋根がいたむことは、家全体の価値を大きく損なうことになるため、屋根に余計な重みを乗せて寿命を短くするようなことは避けるべきでしょう。敷地の関係でやむを得ない場合には、家を建てるときに、設計の中に含めて一緒に作り、屋根に掛かる負担を一定限度内に抑えておく必要があります。

第二に、主婦の労働が過重になることがあげられます。物干し台は洗濯物を干すところですから、洗濯後の水分を含んだ洗浄物を持って運ぶのに階段を昇り降りしなければなりません。

第三に、これは言うまでもないことかもしれませんが、屋根の上で満艦飾の洗濯物が翻っているのはなんとも目立ちすぎる点です。
物干し場の条件には2つあります。一つは、日当たり、通風が良いことです。第二の条件は、洗濯場から近いことです。二階のベランダなどを物干し場にするときには、思い切って洗濯場を二階にもっていくのもいいかもしれません。水道の配管を二階に上げ、排水管を付けて床の防水を完全にすればいいのです。

もちろん、現在のような住宅事情では、敷地の中に「サービスヤード」をゆったりとることなど、なかなかできないことかもしれません。
しかし、狭い敷地、あるいはマンションや公団住宅のような住居でも、工夫次第では機能的な「働くための庭」を作ることはできます。
ガレージがあれば、その時間差利用も考え方次第です。「使うときに使わないで、使わないときに使うもの何だ?」というナゾナゾがありましたが、ガレージがそうであってはもったいないと思います。一つの空間を”使うときも使って、使わないときも使う”ように工夫すればよいのです。

住まい全体に言えることですが、用途を一つに限定して決めつけないことが重要です。庭とはこういうものとか、ガレージはこうだとか、サービスヤードはこうなんだ、と決めてしまわずマルチ・パーパスに、フレキシブルに考えればいいのです。サービスヤードとはそういう意味でもあります。お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする