屋根構法と自然環境について

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

屋根の構法に重要なこと

屋根の構法は、自然条件・環境に対して、十分安全でなくてはなりません。
構法の選択にあたっては、防火性・耐久性・重量などの検討も重要です。
特に風に関しては、ふき材に耐風性をもたすとともに、小屋組・たる木が十分な強度を持つ必要があります。

被害に遭ったら速やかに補修を

また、被害に対する補修の容易さも求められます。
地震に対しては、重量の軽いほうが有利となります。
積雪のある寒冷地では、すがもれという現象にも注意しなくてはなりません。
これは、室内の暖気が小屋裏を通して屋根面の雪を融かし、その水が軒の上で冷やされて氷堤となり、その結果、たまった水がふき材の間から漏れる現象です。

当社は、お客さまのリクエストや生活スタイルを重視し満足いただける対応をこころがけています。仙台に限らずリフォーム工事に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする