職人と材料が揃わなければ手抜き工事

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

日本の気候風土に合った工法

プレハブ工法やユニット工法などという量産住宅が増えてくると、いわゆる在来工法で大工に頼み、住まいの隅々まで自分の意志を反映させようとする人は少なくなっているようです。
住宅の量産化が進むと、生活まで画一化してきます。
この「在来工法」という言葉は、プレハブやツーバイフォーなどの新しい工法ができたためにこう呼ばれるようになっただけで、そういう新工法の生まれる以前は、日本の木造住宅はほとんどこの工法で作られていたといってもいいです。
つまり柱や梁などの骨組みが建物全体を支えている木造住宅–日本の普通の家です。
いま家を新築するにあたって、思いのままの間取りで個性的につくろうと思ったら、この在来工法に頼るしかありません。
また日本の気候風土に最も適った家がつくれるのがこの工法であることも確かです。

職人がいなくなった在来工法

ところで、無難なはずの在来工法なのですが、この工法もまた「合理化・省力化」という美名のもとに、本来の良さを減らしつつあります。
まず第一に、もはや本当の意味での「職人」がいなくなってしまったということなのです。

東京工大は、1881年に東京職工学校としてスタートしましたが、「職」というのはたいへん高度のプロフェッショナルのことで、吉原の遊女の中で1番ハイテックの女郎を「お職」といいました(これはプロ中のプロという意味です)。
つまり職というのはもともとは立派な仕事を指したのですが、職工という言葉の価値は次第に下落して職工学校の名称は廃止されました。
マニュファクチュア(工芸)が工業化されたわけなのです。
工業化が職工、職人を荒廃させました。

合理化による弊害

いま、優れた職人である大工自体は余っています。
ただホチキスのおばけのようなもので釘を打ったりしている叩き大工の中工、小工ばかりになって、本当に腕のいい職人の御用がなくなってしまったのです。
また、在来工法の良さを本当に活かす国産の材木良材も現在はなくなってしまいました。
日本の林業は外材に押され、ほとんど壊滅的な状態にあります。
したがって、在来工法といっても、もはや本当の意味での「職人」もいなければ、「材料」もないということで、「在来工法」として売ってはいても、在来工法でつくっているか否かは保証の限りではないというのが実状と言わざるを得ません。

もっと言えば、省エネ・省力化・合理化の美名のもとに、多く手抜き(省力・省資源)工事となっているというわけなのです。
人手間と良材の豊かだった頃はともかく、現在の「在来工法」は、前述の利点は残しつつも質を均一に高く保つのは難しくなっているということだけは確かだと思います。
工法の良さというのは生産にとっての良さであって、住む側の良さでは決してありません。作る側・売る側の論理であって、住む側の論理はないことを改めて示しておきます。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする