プレハブを勘違いしていませんか?

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

プレハブは安物建築ではない?

プレハブというのは、プレ・ファブリケイテッド・ハウス(pre-fabricated house)の略です。
preというのは前もってという意味で、fabricatedというのはこしらえるとか、つくるという意味ですので、プレ・ファブリケイテッド・ハウスというのは、前もって工場でつくられたコンポーネント(部材)を現場に運んで組み立てるシステムの家をいうものです。

このプレハブはなぜか安物建築のように思われています。
しかし、あの有名なソロモンの神殿も、現場ではほとんど工作されることなく組み立てられたプレハブ工法でつくられたことをご存知でしょうか?

プレハブの歴史

神殿の建設はソロモン王の父、ダビデ王以来の懸案でした。
ダビデ王はかねてから、資材などを集めて準備をしていましたが、息子のソロモン王がその父王の志を継承したわけなのです。
本殿は60キュビト×20キュビト、高さ30キュビトで、それに拝殿や付属舎がついて、神境は400キュビト平方(約1万坪)ありました。
1キュビトは約50センチメートルです。

建設費は今の金額にして5兆円もかかったといわれています。
ソロモン王はイスラエルの全土からおよそ3万人を徴募し、奴隷15万人を使役しました。
旧約聖書『列王記上巻』には、監督の役人が3300人もいたと記されています。
これほど大勢の作業員が、広いといっても200メートル四方の境内に入れるわけがありません。
また、神殿の聖境は選ばれた人しか入れませんので、石や木を彫刻したり聖堂を鋳造するというような仕事は、すべて別の工場、つまり工作場でなされました。
聖域ではただそれを組み立てるだけの作業になっていました。
そのため、現場は怪しまれるほど静かであったと聖書に記されています。

プレハブは優れもの!

昔も今も、設備の整った工場で入念に加工したもののほうが、現場のありあわせの道具で間に合わせた仕事よりも、質の良いものが製造できることに変わりはありません。
神殿は何千年も語り継がれるほどの出来栄えになりました。
神殿のインテリアは、彫刻された香柏の板に金をはったものが用いられました。
また什器類もダビデ王以来入念につくられた純金製のものがほとんどだったようです。

これらのものはすべて現場で加工できる代物ではなく、練達の職人が設備の良い工場でしか製造できない、上等なものなのです。
そして、それを現場に運び込むという方式を用いたのです。

ところで、日本でも先年、新皇居がつくられました。
皇居内の工事となると、どうしても作業員が限られることになります。
そこで造作などはほとんど建設会社の工作場で仮組み立てしたあと、それを一旦解体して皇居内に搬入し、再び組み立てていました。
皇居内では組み立てと仕上げだけですから、限られた人数でしかも現場施工の期間が短く、文字通りのプレ・ファブリケイテッド工法でした。

お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする