生活のにおいがしてこそ住まいとなる

東北ホームテックでは生活のにおいで安らげる家づくりを目指します

安らぎを与えてくれる生活のにおい

松竹映画の人気シリーズ「男はつらいよ」は、日本映画史上最長のシリーズだそうです。
主人公である寅さんの声を聞くだけで、郷愁が胸いっぱいに広がってくる人も多いようです。
この作品の中で、寅さんが帰ってくる家とは、東京の下町、葛飾は柴又にある団子屋です。
そこには、人のいいオイちゃんとオバちゃん、そして妹さくらがいます。
「家があってはじめて家族がある」といわれるように、この人気シリーズを支える重要な要素として古い町家は欠かせないものと思われます。
旅に出た虎さんが、突然むしょうに”家族”に会いたくなって帰ってきてしまうのも、生活のにおいがする家に安らぎを覚えるからではないかと思われます。

安らげる空間は家の広さに関係ない

生活のにおいのする家というものは、きわめて母性的なものであり、そこへ入ってしまうと虎さんならずとも、人間は子どものようになってしまうものです。
家には本来、そうした人間を包み込んでしまうような母性が備わっているもので、それが心理的な安らぎに繋がってゆくのでしょう。
新しく住まいをつくろうという人にとって、自分が育った家を思い出してみることは大いに役に立つことです。
たとえ小さな家であったにしても、そこには気持ちが休まる場所であったはずです。

幼いころ、六畳の部屋がたいそう広く感じられ、そこで一日中遊んだ記憶を持つ人も多いと思います。
そして、幾つかの家具屋ラジオがどこにおかれていたのかもハッキリと覚えているのではないでしょうか?
ところが、最近の住宅にはものがはんらんし、落ち着いた空間とは程遠い家が多いようです。
たしかに、家の中には立派なものや、便利なものが、収納しきれないほどぎっしりと詰まっているのですが、なぜか生活のにおいが感じられないのです。
このことは、決して家の狭さに起因するものではないように考えられます。

良い家は末永く愛着を持てるかどうかが決め手

昔はものの数が少なかったせいか、ひとつのものを大切に使い、壊れたら自分で修理するなどして、すぐに買い換えたりはしませんでした。
また、もののほうも、末永く使えるようにできていたものです。
今は商売で儲けようとするなら使い捨てのものを売れ、などという考えが常識化され、わたしたちは使わなくなった道具やら、馴染みの薄い新品に囲まれて暮らしています。
これでは、安らぎなど生まれるはずがありません。
そのうえ、今はものを捨てるにもお金のかかる時代となっています。
捨てることすら簡単ではないのです。
粗大ゴミをいかに作り出さないか、を考えることがもっとも重要であると感じます。

よい家とは、お金をかけるだけではなく、本当に末永く愛着を持って住めるかどうかが決め手です。
ひとつひとつの部屋や場所にいるとき、この部屋で育ってきた、私はここを使って生活してきたので、と実感できるもの、そういうものがかもしだす生活のにおいが、わたしたちに安らぎを与えてくれるのだと思います。

当社は、「末永く愛される家づくり」を目指して1棟1棟、真剣に取り組んでおります。
住まわれる方が安らげて、集い、そして家ごとに築かれる繋がりや温かみ、生活のにおいを共有できるようになればと願っております。
仙台でリフォームを行なうにあたって、お客さまは費用の問題もさることながら、住み続けることへのイメージを重要視していると認識しております。
生活する地域、環境なども考慮し、決して業者目線での提案をするのではない「お客さま観点」を第一に誠心誠意対応させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする