「住まいを合理化する」だけの時代は終わった

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

台所、便所、浴室など、住まいの中で設備機器や給排水設備の必要な場所について考えてきました。これらの場所は、いずれも主婦の家事労働と密接なつながりを持つ部分ではありますが、家事に対する考え方を今一度整理しておきましょう。

ヴァンス・パッカードによると、アメリカの不動産屋が女性の気を引くために寝室を「愛のしとね」と強調して売り込みに成功したと言われていますが、これを現代の日本に置き換えると、台所を「省力化の機器が並ぶ、主婦の城」とでも言うべきでしょうか。

蛇口をひねると湯が出たり、流しにディスポーザーがついていることを盛んに殺し文句にしています。特に多いのは、新しい建売住宅に「ユーティリティ・ルーム」という名の部屋を設け、いかにも主婦が働きやすい家であることを印象付けようとするやり方です。

「ユーティリティ・ルーム」とは、文字通り「役に立つ部屋」なのですが、はたしてこれを使いこなす主婦がどのくらいいるものなのでしょうか?結果的には「何の役にも立たない部屋」になっているようですが…。

昔から日本の主婦たちは、食事の支度や洗濯などの家事を向こう三軒両隣と一緒に井戸端会議をしながら楽しんできました。

いわば「家事もコミュニケーション活動のひとつ」でした。

余談ですが、自宅の近くに定期的にトラックで八百屋さんがやってきます。

定刻になると近所の老若の奥様方が集まって、お喋りなどをしながら野菜の品定めをしているようです。ところが、その八百屋さんの話では、マンションの前で店開きをしていても、あまりお客が集まらないといいます。

マンション族というのは、井戸端会議のようなコミュニケーション活動がお好きではないらしいですね。。

省力化という名のもとに、自動皿洗い機や全自動洗濯機などが購入されていますが、これらの省力機器は、電力や大量消費によって主婦に僅かなヒマをもたらすだけで、本当の意味の省力化からは程遠いようです。

昔、東北地方で農村改善運動が行われ、特に農家の主婦のために火付の良い「改良カマド」の普及が促進されました。しかし、これはやがて「嫁殺し」という名で呼ばれるようになりました。それまでの農家の嫁は、火付の悪いカマドの前で、煙にむせながら骨休めをしたり、そっと涙を拭ったりしていました。ところが火付の良い「改良カマド」は、農家の嫁から骨休めをする時間や涙を隠す場を奪ってしまい、より過酷な方へ追いやってしまいました。

「嫁殺し」は、たしかに改良されていましたが、火付の悪いカマドにかくされた人間的な営みは救えませんでした。改良しなければならないのは、カマドより人間関係だということになります。

家事の省力機器にすぐに飛びつくのは、安住の住まいへの道はほど遠い・・・ということになるのかもしれませんね。お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする