勉強部屋イコール子ども部屋は間違い?

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

小学校低学年ではシンボル的要素が強く、折角部屋を与えても宿題や読書は母親のそばの食卓で済ませてしまうことが多いようです。
しかし、高学年になるにつれて、机に向かって静かに「勉強」する時間が増えてきます。
特に、私立中学にでも受験しようとする子どもたちにとっては、このころから実質的に住まいの中で閉ざされた空間として勉強部屋が必要となってきます。
したがって、勉強部屋というものは現在の日本では受験戦争によって生じた必要項目としてあるとも言えます。
ですから、子ども部屋・勉強部屋として最初から間取りをとらず、子どもがティーンエイジにかかってから増築するような計画や方法も賢明かもしれません。

ところで、子ども部屋と勉強部屋とでは、発想が全く違ってきます。
勉強部屋を考えるのなら、それは灰色の受験戦争のトーチカだと思えばいいかもしれません。
まず日当たりはなるべく少なく北向きにする。
頭の働きは温度を低くしておいたほうが良いから春の日がポカポカ当たるようなところはよくありません。
夏には冷房装置を取り付けるとしても、余計な熱が入りこまないよう北向きがいいかもしれません。

こういった勉強部屋の作りというのは、書斎の作りと同様になります。
実際、子どももハイティーンになってくるにつれてその書斎的要素は強まるわけで、その意味でも子ども部屋とは発想を違えなくてはなりません。
しかし、考えなければならないことは、親たちが狭い思いをしてまで子ども部屋を作るというのは、本末転倒であるということです。ただ個室を与えて、子どもはそこに入れておけばよいのだ、という考え方は絶対に誤りであると考えます。
お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする