屋根のふき方「下地」

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

葺き材の重要性

こう配屋根の表面に置かれて大部分の水を流す部材をふき材といいます。
ふき材は野地板と呼ばれる下地面の上にふかれるのが一般的です。
住宅では耳つき板などをすき間をあけて並べて野地板としますが、最近では合板を使う例も多いようです。
断熱をかねて木毛セメント板などを用いることもあります。

現状における葺き材について

かわらなどのふき材は、強風の場合などに少量の雨水を下に通すこともあります。
したがって、野地板の上に直接ふくことはせず、防水となる層を間に設けます。
伝統的に用いられたものは土居ぶきといい、木を薄くひいた板をシングルぶきの原理で並べていました。
現在はアスファルトルーフィングなどのシート状の防水材を用いることが多いです。

当社は、お客さまのご要望や生活スタイルを最大限重視した上でご満足いただける対応をさせていただいております。仙台に限らずリフォーム工事に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする