「茶の間」の復権を考える

仙台のリフォームと住まいのご相談は東北ホームテックへお気軽にご連絡ください。

西洋受けの悪い茶の間

茶の間はわたしたちにとって、単なる食事室ではないし、もちろん単なる茶室でもありません。
しいて定義付けをするとすれば、家族の団らんの場であるとしかいえないでしょう。
茶の間は集会室であり、何にでも利用できる部屋であり、日本人の生活の必需品なのです。
しかし、茶の間とか床の間というような、日本古来のしつらえは、西洋かぶれの人たちの間で、評判が悪いようです。
理由としては、そういったたぐいのスペースが西洋にはないからです。
西洋にはない事象を全て後進性のせいだと思っている人たちは、茶の間とか床の間が西洋にはない西欧語に翻訳できない空間だという理由だけで、封建制の遺物、ないしは全時代的なものと片付けてしまったきらいがあります。

茶の間は家族団らんの場

茶の間というのは台所の隣りにあって、家族が一緒に食事をするところであり、団らんの場でもあります。
食後というのは家族の心のなごむひとときで、親子、兄弟、姉妹、あるいは祖父母、孫を含めて、家族が一室に集まり、お茶を飲みながら語り合うというのは、素晴らしい習慣のひとつです。
なので、茶の間が不要だという説には個人的に賛成できません。
団らんとは何かといわれても、その実体はよくわかりません。
要は家族が集まってなごやかに楽しみ合うことであると思います。
無為に時を過ごしたり、何もしないで、ただ家族が温かく一緒にいるという雰囲気は、西欧的な合理主義者には理解できないところでしょう。

生活に密接した茶の間

これは、東洋的な家庭観からくるものであって、団らんという言葉だけでは説明できないものです。
しかし、茶の間の団らんが、今の言葉でいえば話し合いの場であり、オヤジとの団体交渉の場であって、家族生活のバッファ(緩衝装置)になっています。
住宅の機能としても、茶の間は生活のバッファであって、そこは食事だけでなく、内職のための職場になったり、家計簿をつける事務所になったり、不意の来客の時には寝室になったりします。
いわば万能室でありますが、生活全般を順調に運営するには、茶の間のこのような機能は大変重要であるといえます。
合理主義者であれば、生活を合理化して、無為に時を過ごすことはできるだけ避けなければならない、というかもしれません。
しかし、住宅などというものは、いわばもともと採算を度外視したしろものであり、不合理化の対象にはならないのではないかと考えます。
何もしないでいるとか、何をしたのかわからないというのが茶の間の生活であってよいと思います。

現代風にアレンジし復権させよう!

西洋式に、台所・食堂・居間と明確に分割するのもいいのでしょうが、曖昧模糊とした茶の間の性格にも捨てがたい意義があるように感じられます。
西欧の言葉に翻訳できないからといって、茶の間を封建的、保守的、反動的なものなどと考えずに、家族のコミュニケーションの場、あるいは家族のフォーラム(集会場)とでも思えば、茶の間も、現代風によみがえるのはないでしょうか?
当社は、茶の間の重要性とそこに住まう家族とその繋がりを尊重しています。住まいの機能性と効率だけに重きを置き、予算や経費に意識を向けるのではなく、常にお客様との対話からえられた独自の感覚というものをしっかりと考え仙台のリフォームにおいてご満足いただける対応を心掛けております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする