立体的構成について

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

構成に関する専門用語の解説です。何かのお役に立てれば幸いです。

[1] 折板構造

平板を折り曲げたような形状の折板による方式で、外力を面内応力で処理するという力学的特性により、大空間の構成に適しています。

[2] シェル構造

語源は貝殻(shell)で、貝殻のように厚さの割には剛性のある曲面板による構造です。折板と同じ理由から大スパン屋根に用いられることが多く、形態の幾何学上の特性などに対応して、さまざまな名称のシェルが実現されています。コンクリートによる一体化のものが多いのですが、立体トラスによるものもあります。

[3] 立体トラス構造

ほぼ同一の少単位に分割した部材を組立て・構成することにより大架構を可能とする中で、スケールが大きいものはスペースフレームとして使われます。

[4] つり構造

銅棒やケーブルなどを使って支点から主な構造部材をつって支持する構造方式です。他の構造部材をつり下げるつり床方式と、ケーブルネットなどにより曲面を構成するつり屋根方式の2つに大別できます。

[5] テント構造

キャンバスなどの膜状の部材で空間を覆う構造方式です。薄い皮膜のみで構成する方式とケーブルネットの間に皮膜を張る方式との2つがあり、後者はつり構造のつり屋根形式と明確に区分できません。

[6] 空気膜構造(ニューマチック構造)

空気膜構造は、気圧の差を利用して膜状部材で空間を覆う構造方式です。一重の膜を設けて内部空間の気圧を高くする方式と、重層膜や管状膜の内部の気圧を調整して膜に生じる引張力で形態を保持する方式とがあります。

施工法と構造方式

木造や鉄骨造などでは、通常、比較的大きなスケールの柱やはりによって主体が組み立られることが多いです。こうした手順によるものを架構式といいます。
一方、ブロック造やれんが造では、組み立られる部品の寸法は比較的小さく組積式とよばれます。
これらに対し、鉄筋コンクリート造の場合は、現場でコンクリートを打設し、全体を一体化する方式による事が多いです。これを一体式といいます。

複合方式

1つの建築物の構造方式を見ると、現実には複数の方式が混在している場合が多いです。たとえば、共同住宅などで開口方向はラーメン構造の奥行き方向にのみ耐震壁を設ける例は多いし、体育館など大スパン建築ではラーメン構造の上に立体トラスを載せる例があります。
また、超高層建築では、高層部を鉄骨造、低層部を鉄骨鉄筋コンクリート造、地下部を鉄筋コンクリート造とするところが多いです。当社は、仙台のリフォーム工事におきまして、専門的な知識や情報、経験をもとに施工技術へ反映させることがより良い生活の場を構築するものだと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする