日光を利用するのが日本人の衛生思想

仙台のリフォームなら東北ホームテックにお任せください

洗濯物を陽光と爽やかな風の青空にたかだかと掲げるのは、爽快な気分を感じます。
また、満艦飾の洗濯物の翻る中に、生活のダイナミズムの美しさを見ることもできるでしょう。
美観にうるさいヨーロッパやアメリカの一部では、ベランダに物を干すことを禁じているところもあるようです。

かつて皇帝ナポレオンは、パリの都市計画にあたって、建物の軒の高さを揃えさせ、街路をまっすぐに整備させて、街の景観を良くしようとしました。建物や街路を恣意的に変えられることは、当時のパリの庶民たちにとって迷惑な話で、こうした街づくりというのは本来、王侯や貴族の発送であり、洗濯物で街の美観を云々するのも同様でした。

もっともフランス人にとっては、日本人ほど清潔好きの人種ではなく、19世紀ごろまでは上水道の水や洗剤は貴重で、庶民の入浴や洗濯は専ら泉や川で行われていました。上流階級の人々でもめったに入浴はできず、このため体から異臭を放つ貴婦人が続出して、香水の発達を促しました。

我が国では、昔から洗濯物はもちろん、布団や畳まで太陽の熱で乾燥させる生活習慣が浸透しており、布団などの寝具が急速に発達した裏には、虫干しという日本人の衛生観念に負うところが大きかったようです。

しかし、家の周り、特に南側の一番日当たりの良いところに、大きな物干しを設え折角の太陽熱や光を遮っていることがよくあります。日頃、日照権などに敏感な割には、こうしたことでの日照の損失には無頓着な人が多いようです。

住まいの開口部を塞ぐような形で洗濯物を干すのは、通風、通気を悪くすることにもなり、あまり良くありません。もっとも、真夏にすだれ代わりにかけておくということであれば話は別ですが…。
また、布団を干すというのは、同時に「殺菌消毒にもなる」という衛生思想が多くの日本人を支配しているので、これを容易に捨てきれるものではありません。
布団乾燥機という発明商品が売れに売れて一世を風靡したことがありましたが、当時買った人たちは今でも有効に活用しているのでしょうか?かくして団地のベランダにズラーッと布団が干し並べられている、という「日本晴れ」の風景はこれからも続くということなのでしょう。

やみくもに欧米風の生活を真似することが進歩的であると考え、全自動の家事機器をやたらと購入するよりも、それはそれで悪くない光景だと思います。お客様に合った仙台のリフォームや増改築のご提案もお気軽に当社へお声がけくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする